人とペットの豊かな暮らし

いぬは人につき、にゃんこは住家につくと言われているものですが、これはねんねこが自分の支配圏を一番大切にし、環境の変易を気に喰わないことを記した言葉です。

キャットのこの気質は、野生時代から鍛え上げられた原理です。

ねんねこ同士にも相性があります。

野生のにゃんこの場合は勢力範囲が幅広いので、気に入らない相手がいれば交わることをすり抜けられますが、限られた空間で活きる室内飼いねこの場合は沿うもいきません。

わんわん立ちには住むところを選んだり、好きな食べものを選んだり、試してみたいことを好きな時にするなどの自由がぜんぜんありません。

飼い主に出来ることは、言葉に出せないイヌの身になって人生を為し遂げさせてあげることが大切です。わんちゃんのお持ちゃの大抵は、飼い主が一緒でない時に与えてしまうと危険性があります。

中でも布で出来ているお持ちゃは、手もなく 破けてしまい、わんちゃんだけの環境の中であげてしまうと、食べる気がなくてもなんなく飲み込んでしまうことがあります。

猫にキャットフードをあげても食べずに、砂をかけるような仕草をして引っ散らかす。

ゴハンが気に食わないの?と思い悩んでしまいますが、これはネコの本能による行動で、この特有性は排泄物だけでなく、類似しているニオイに対しても現れるのです。

ニンゲンと同じように、いぬにも栄養のバランスはかなり大事なことで、ドッグフードの品質においては値段だけで決まるワケではなく、高価だから質が良い、低価格だから危ない、というワケではありません。

飼い主であるあなたはそのフードの中に、どんなものがどれほど入っているかを確認しておかなくてはいけません。

にゃんにゃんはいろいろな面様や振る舞い、ボディーランゲージを以って、自分立ちに話し掛けています。

猫とのコンタクトを楽しむために、ねこ語をきちんと汲み取りましょう。夕暮れや夜遅くなると部屋中を猛烈なスピードで駆けずり回ったり家具の上に駆け乗ったりするニャンコはすくなくありません。ストレスや運動不足から起こる異常な行為ではと憂慮する方もいると思いますが、これは多くのニャンニャンに見られるごく自然な態度です。ねこは本来自分の都合で触れられるのを欲するので、何度もなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するニャンコでも、執拗にされるとコミュニケーションを取りたがらなくなってしまうので、なで方のポイントをチェックしておきましょう。

野生のいぬは、一叢で生活し、協調して獲物を捕獲し、群れ内の社会的順位に則して獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、一編に多量のご飯をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ミニチュアダックスフント 餌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。