猫の生まれ持った美しさとは

わんちゃんが病気にかかったときは、その状態の改善方法や進行を後らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必要となります。これは義務ではありませんが、ワンちゃんに長く生きてほしいと考えているならば、特別療法食を与えることが現状況では妥当な選択です。忙わしいときに限ってというのはニンゲン主観で、ねこにはそんなつもりはぜんぜんありません。忙しく走り回る飼い主の足に猟する本能がかき立てられて、ついまつわりついたり、アプローチしたりしてしまっただけのことです。

キャットは元来自分の心持ちで触れられるのをねがうので、しつこくなでられるのを嫌がります。

また、触れられるのを好むねこでも、くどくされるとコミュニケーションを取りたくなくなってしまうので、なで方のポイントをおさえておきましょう。犬立ちには住居を選んだり、食べるものを選んだり、試してみたいことを好きな時間にするなどの自由がぜんぜんありません。

飼い主に出来ることは、言葉に出せないわんちゃんの身になって一生をやり遂げ指せてあげることが大切です。

ネコ同士にも相性があります。野生のニャンコの場合は支配圏が宏大なので、好みじゃない相手がいれば交わることを免れますが、限られた空間でやっている室内飼いねこの場合はそんなに上手にいきません。

野生のイヌは、一群で生活し、協同で獲物を生け捕り、集団内の社会的順位に従って獲物を割り振って食べていました。獲物を毎日捕らえられるとは限らないので、いっしょにとて持たくさんの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

人間と同じで、犬にも栄養のバランスは大変大事なことで、ドッグフードのクォリティーは価格だけで決まるわけではなく、高いから品等が良い、安いから怪しい、というわけではありません。

飼い主さんはそのフードの中に、どんなものがどのぐらい入っているかを確認しておかなくてはいけません。

いぬのお持ちゃの殆どは、飼い主がいないときにあげてしまうと危険性をともないます。とりわけ布製のお持ちゃは、楽楽?壊れてしまい、イヌだけの環境の中で与えてしまうと、食べる気がなかったとしても気が付いたら飲み込んでしまうことがあります。

簇で生活する犬にとってペットオーナーはリーダーですが、本来単独で生活を送るキャットにはそんな認識はありません。

ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば惜しみなく、いろいろなことをしてくれる遠慮のない同居人という気持ちでしょうか。日の暮れや深更になると部屋中を猛烈なスピードではしゃぎまわったり家具の上に飛び上がったりするねこはすくなくありません。ストレスや運動不足からおきる異様な行動ではと案じる方もいると思いますが、これは多くのネコに見られるごく自然な振る舞いです。

野生では体力がなくなった動物は先に敵のかっこうの的となるため、病やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて回復を待ちます。この固有性はにゃんにゃんももっており、具合いが悪くなると縁の下や物置などに身を被い隠すのでしょう。

ネコにご飯をあたえても食べずに、砂をかけるようなしぐさをして引散らかしてしまう。

ご飯が気に入らないの?と思い悩んでしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この特有性は排泄物だけでなく、そっくりなニオイに対しても現れるのです。

ドッグは人につき、猫は家処につくと言い渡されていますが、これはにゃんこが自分の支配圏を何ものよりも大切にし、環境の変転を嫌なことを記した言葉です。

キャットのこの性質は、野生時代から鍛えられた原理です。

具合が悪いわけでも、環境が変わったわけでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも間々起こることもあります。ニャンコは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出合うとは限らないので、時おりちがう食べ物を欲しがることもあります。にゃんこは盛りだくさんの形相や動作、ボディーランゲージを使って、吾輩に話しかけています。にゃんにゃんとの接点を楽しむために、ネコ語をきちんと汲み取りましょう。

ロシアンブルー 餌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする