ペットのしつけについて

固りで暮らすわんこにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を送るニャンニャンにはそんな認識はありません。にゃんにゃんにとって飼主とは、ひと言でいえば、様々なことをしてくれる気兼ねない同居人という印象でしょうか。体調が悪い訳でも、外囲に変化があった訳でもないのに大好物を予兆もなく食べなくなるケースも時折起こることもあります。キャットは食べ物に拘りが強いものですが、自然界ではいつでも同じ獲物に出っくわすとは限らないので、時々違う食べ物をねがうこともあります。猫同士にも相性があります。野生のにゃんこの場合はテリトリーが幅広いので、好まない相手がいれば接することを回避できますが、限られた空間で生活する室内飼いにゃんにゃんの場合はそうはいきません。野生では体力がなくなった動物はまっ先に敵のかっこうの的となるため、病患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全な個所に隠れて治癒を待ちます。この特殊性はにゃんにゃんももっており、体調が悪くなると縁の下や物置などに身をひそめるのでしょう。イヌは人につき、ねんねこは住居につくと伝達されていますが、これはキャットが自分の版図を何ものよりも大切にし、環境の変替を嫌うことを書き表した言葉です。にゃんにゃんのこの性質は、野生時代から鍛え上げられた決りです。イヌが病気になってしまっ立ときは、その症状の改善策や進行ぐあいを遅らせていくためにも、動物病院で売っている特別療法食を与える事が必須となります。これは責務 ではありませんが、ワンちゃんにより長く生きてほしいと思っているならば、特別療法食を与える事が差し当たり最も正しい選択です。ワンワンのおもちゃの殆どは、飼い主がいないときに与えてしまうと非常に危険です。特に布で出来ているおもちゃは、楽楽?ぶっ壊れてしまい、いぬだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくても遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。ネコはがんらい自分の気持で触られるのをもとめるので、しつこくなでられるのを嫌がります。また、触られるのを欲するにゃんにゃんでも、執拗にされるとコミュニケーション図りたがらなくなってしまうのでなで方のポイントを理解しておきましょう。ワンワン立ちには住むところを選んだり、好きな食べ物を選んだり、したいことを好きなときにするなどの自由が一切ありません。飼い主さんに出来ることは、ことばがしゃべれないワンコの身になって一生を果たさせてあげることが大切です。野生のわんわんは、固りで生活し、戮力して獲物を掴まえ、一群内の社会的順位にそって獲物を分かち合って食べていました。獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、同時にとても大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ブリティッシュショートヘア 餌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする